スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

過去のお話

カテゴリー: 過去の話・体験談

ネタが無い時の取り繕いではないですが。
偶にはシリアスな過去話しでも。


今日は私の父親のこと。
既に他界して今年で11年になりますか。
原因は「食道癌」。当時珍しいから今後の医学の為に解剖させてくれ、と病院から頼まれました。
元々障害者だった父親。(下肢障害者でした。片方の足の膝が曲がらないの。だからびっこひいて歩くんです)
福祉の方に助力していた為、父なら絶対怒らないだろう、と思い解剖を了解しました。
これからの医療に役立ててくれればと。

そんな父親。
元々井戸掘りを生業とする家の末っ子です。7人兄弟だったかな。
割と代々続く名家だったらしく、家系図も本家にあります。
お正月にはお爺ちゃんの所に職人さんが「おめでとうございます!」と挨拶に来て、その度に金一封を「ご苦労」と言って渡していたほどだったそうで。(今で言うボーナスですね)
お陰で甘やかされて育ったようで、近所のガキ大将あーんど頑固者。
特に両親(私から見てお爺ちゃんとお婆ちゃん)が小学生の時に亡くなってしまってからは、兄嫁に可愛がってもらっていたようです。
その所為なのかどうかは判りませんが、自分が絶対、という性格でした。
しかし二十歳過ぎてから病気で下肢障害者になってしまいました。
まぁ、それで特にぐれる事は無く、母と見合いで結婚して生まれたのが私独り。
どうやら男の子が欲しかったようで、小さい頃は野球をとことん教え込まれました。
休みの日はキャッチボールは元より、小学校に入ったら町内会のクラブに入らされ。
店を持っていた為その組合でやっていたソフトボールクラブにもつき合わされ。(父はコーチしてました)
お陰で気付いたらドラキチで野球大好き少女になってました。その頃は女は野球の世界なんかには入れなかったので(今はいいなぁ)、父にとっては悔しかったでしょうね。
父曰く、まだ病気になる前のエピソードで、あの金やんと少しでもキャッチボールをしたとかしないとか。
本とかなぁ。


ここまでの話だと、すっごくほのぼの(?)した親子だと思われるでしょうが。


転機は小学高学年からでしょうか。
私がとあるきっかけで父を信じる事が出来なくなり、毎日の喧嘩三昧が始まったのでした。


さて、その続きはまた今度書きますね。
や、父の話は長くなるのよ。結構ね。
またネタが無くなった時に続きいきたいと思います。
スポンサーサイト

信じるか信じないか

カテゴリー: 過去の話・体験談

この間TVでスピリチュアル系のことやってましたよね。霊能者さんたちとスピリチュアラーたちが意見を言い合うってやつ。

私は信じる方です。
というか、信じるというより自然にあるものだと思っているので、信じるも何もないんですよね。

自分的に不思議体験も何度かあります。
別に金縛りがどうこうとか霊を見たとか、そういった類のものではないですが…。
感じるというか…。


10年以上前ですが相棒と一緒に東京のとあるホテルに1泊しました。
元々そこは霊能者さんたちもスポットと言っていた場所内に建っているホテルで、私達は部屋に入ったときから何やら異様な気配を感じました。
ホント、感じただけなんですよ。2人同時に。
どこからじっと見られているような感じ。

で、2人で同時に気になるほうを指差す事にしました。(バラバラだったら気のせいだよね、という事で)


…。

見事、ドンピシャ。

2人共北向きの窓に向かって右上の方向を指しました。

一瞬鳥肌。

その夜はさすがにもうホテルを変えるわけはいかないので、普段から持ち歩いている水晶を2個(2人共持ってるから)その場所の下あたりに置いて寝ました。

とりあえず寝られたです。
何も起こりませんでした。(ほっ)

それからそこは2度と泊まっていません。
つか、出来ませんよ…。

哺乳類って暖かい☆

カテゴリー: 過去の話・体験談

10年ほど昔。
まだバリバリに会社勤めしていて、いっつも夜9時過ぎになっていた時代がありました。
季節は夏前くらい。

いつものように地下鉄の駅から家まで自転車に乗って走っていた時の事です。
途中に桜並木がアーチのようになっている所があって、すでに緑の葉っぱが多い茂っていました。(ここらは街灯が少ないので結構暗い)
でもこの頃って毛虫が落ちてきませんか?
以前2度ほど服に落ちてきた事があったので、それを避けるためにその区間だけこぐのを早くするんですが…(でも落ちる時は落ちるから意味無いけど、気分的に)。
ちょっと頭を伏せ気味にこいでいたら。

何かが頭にボヨンとぶつかりました。
かなーり弾力良く。

なっ、何!?
でも暗いから良く解らない!
そんなパニックを起こしつつ、止まって後ろを振り返ると…。

よたよたと羽ばたいていく黒い影。

コウモリ…でした。


確かに哺乳類です。
当たった直後、お腹(が当たったんだと思う。感触的に)の温かみがジワーーンと伝わってきましたから。

何日かその感触は忘れられなかったです。


うーーん、貴重な経験をしたと喜んでいいのやら…。

心の病

カテゴリー: 過去の話・体験談

「心の病」を抱える社員が6割を超える企業で増加しているそうですね。
偏に心の病と言っても、精神面に打撃を受けて仮面うつ病になったり体調に現れて胃潰瘍なんかになったりと人それぞれ症状は異なります。
勿論何でも相談できる環境があれば軽減はされるかもしれませんが、日本人に特有にみられる相談できない体質から改善しなければまず無理でしょうね。
たとえ窓口があっても殆ど相談なんか出来ないでしょう。
多分その窓口は同じ社内の人間なんでしょうから。(そういった相談を請け負ってくれる委託会社みたいなものがあればいいんですが)
窓口→相談内容に関する事柄(人間)→相談者、と言った具合にまた自分に反ってくるかと思うと、おいそれと言えませんって。
大体話して楽になるようなものなら心の病なんてものにはならないですよ。
話す事が出来ないから、ストレスがどんどん溜まっていつしか溢れ出すんです。
一種の社会病ですよね。

そんな状況に流されずストレスも溜まらないという人もいます。(勿論性格にも仕事内容にも環境にもよるものですが)
でも今の世の中まったくストレスが無い、と言う人なんていないんじゃないでしょうかね。自分では気が付きにくいものですが。
私も仕事へのストレスが溜まりまくって現在無職です。
会社をばっさりと辞めました。
めまいがずっと続いてちゃ、仕事どころじゃないですし。
何とか今は薬で治まっていますが、実はストレスに乗っかって若年性更年期障害や不安症、パニック症候群まで発生してしまいました。
会社辞めて2年経つ今でも電車に一人で乗れなかったり、人ごみに入れません。

こうなる前に気付けば良かった…なんてのは後の祭り。
皆さんも一度振り返って、徐々に忍び寄っている影に待ったをかけるのもいいかもしれません。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。